« 「天地人」の隠れ舞台地、京都と伏見 | トップページ | 八幡の郷土史家による史蹟創出を論じた »

2009.01.08

今年最初の史蹟調査

1/6(火)はれ

 急に思い立って、府立総合資料館に行った。ある幕末志士の居所を確定するために。また司書松田万智子さんを煩わせる。

 歴史資料課に行って、こんどは福島幸宏氏をわずらわせて、青蓮院関係記録をみる。またある幕末史蹟の検証のため。松田さんも来られて、未刊行の『華頂要略』を出してくださる。

 『華頂要略』すごいわ。予期せぬ情報が多数。総合資料館は宝の山だわ。

 御土居堀研究の新資料もみつけたし、今年は幸先がよい。

 閉館時間がきて最後の客になるまでいて、地下鉄で某所へ。ある建碑予定地である。実現するとすごいがな、と思ってコーヒーを飲む。

 また地下鉄に乗って、さきほど検証した幕末志士の居所跡をみる。そうか、ここか。ここも建碑したいなあ。

 寺町三条にいき、いつものスマートでコーヒー豆を買って帰ろうと思ったら、京都龍馬会理事長のA尾さんから電話あり。今週のラジオ録り、どうする?というお尋ね。

 ちかくだったので、今年はじめて木屋町三条龍馬に行く。そしたら、ちがう話があって、驚いた。関係者もその後やってこられるし、おもしろすぎて夕食たべれへんようになったから、家族もよんだ。

|

« 「天地人」の隠れ舞台地、京都と伏見 | トップページ | 八幡の郷土史家による史蹟創出を論じた »