« 八幡の郷土史家による史蹟創出を論じた | トップページ | 山田邦和博士とシンポ打ち合わせ »

2009.01.14

新聞取材をうけ、新年会で呼吸困難になった

1/13(火)はれ夕方から一時雨

 今年最初の「基礎からまなぶ!日本歴史に出講」。さて、今年はどこまで進むのだろうか。

 豊臣政権と京都というネタから入る。直江兼続の大河ドラマが始まったところで、これだ。みごとだ。ぐうぜんなのだが。

 午後2時30分、京都新聞のS記者から取材をうける。土曜日の「ひと・人・ひと」というコーナーに紹介されるそうだ。

 そういえば最近、同紙で新聞コレクターの山名さんや、墓めぐりの達人小川善明さんが紹介されていた。石碑を建てる男として「奇人」の仲間入りか。

 昨年6月に千本七条に建立された「是より洛中」標石の前で、たくさん写真を撮ってもらう。そのあと京都新聞社に移動して、またいろいろ聞かれる。いっぱい話す。17日(土)に載るらしいです。

 夜は、京都龍馬会のA尾さんに誘われて、ホテルでの某組織の新年会に行く。国会議員や府知事、京都市長も挨拶に来ておられた。こんな組織の新年会ははじめて。

 多くのえらい人が壇上挨拶をされ、時間もながく、呼吸困難になった。意図して深呼吸をしていた。幼いとき、朝礼で倒れる仲間をよくみたが、こんな気持ちか。

|

« 八幡の郷土史家による史蹟創出を論じた | トップページ | 山田邦和博士とシンポ打ち合わせ »