« ありがたいはなし | トップページ | 道標が地下から出てきた »

2008.12.11

僕が人名辞典にのるそうだ

12/10(水)

  日外アソシエーツという会社のYさんからメールがきた。同社はさまざまな人名辞典をつくっておられる。

 近現代の無名人物を捜索するとき、これまでどれほど世話になったかわからない。

 その社の方からの突然のメール。

  当然、あたらしい人名辞典の一項目への執筆依頼か、僕が発掘した無名人物についての掲載許可願いかと思った。

 が、そうではなく、

 「歴史地理研究者 中村武生」の項目をたてたいとおっしゃる。

 これは驚いた。

  僕が人名辞典に載るということである。

  えーっ。

 が、名誉なことなので、甘えることにした。

 掲載にお金はかからないという当たり前のことが付記されてあった。

 そうか、某人名録は掲載にお金がいると聞いたことがある。そういうたぐいではないといっておられるのだろう。

 なんだか気恥かしいが、まあ、そういうことだ。

|

« ありがたいはなし | トップページ | 道標が地下から出てきた »