« 僕が人名辞典にのるそうだ | トップページ | 近江龍馬会の忘年会があった »

2008.12.12

道標が地下から出てきた

12/10(水)つづき

Dcf_1491b

  Nさんと耳塚(鼻塚)の銘文を解読していたら、携帯電話がなった。

  読売新聞大阪本社のS木記者となのられた。存じあげない。

  枚方市牧野の工事現場の地下から、「八幡街道」と刻まれた1914年(大正3)の道標がみつかった、コメントがほしい由。

  大正3年かあ、三宅碑ではないなあ。

  コメントできんなあ、と思ったが、なんであれ、道標大好きなので、駆け付けた。ヒマじんか。

 ヒマじんではないが、こういう動きの速さは重要なのだ。

 S木記者と合流。現場で気づいたことを話す。さすが道標マニア、現場にたてばそれなりに気づけることがある。

 近々に読売・大阪版に載ると思います。お楽しみに。

|

« 僕が人名辞典にのるそうだ | トップページ | 近江龍馬会の忘年会があった »