« 祝日なのに大学に出講する | トップページ | 方広寺で登山し松山屋敷の解体を読んで新碑銘文に悩んだ »

2008.11.26

秀吉の中国大返しと禁門の変を考えた

11/25(火)はれ

  基礎からまなぶ日本歴史に出講。

 やっと本能寺の変が終わって、中国大返し。

 どうして秀吉が信長の死を知ったか。光秀の毛利への使者がまちがって秀吉の陣に入ったから、ってとても有名なはなしなのに、信用できる史料にまったくないからフィクションです、といった。えらい受けた。

 終わってから、読売大阪文化センターの方と会う。四月から幕末講座をするのだそうだ(他人事みたい)。

 禁門の変の人物群像。久坂義助とか、真木和泉とか、西郷隆盛、松平容保、一橋慶喜、若山要助をとりあげるんだって。

 ちょっと「龍馬」によって帰宅。

 伏見区の某所に建碑予定。その解説文を明日までに書かなきゃ。

|

« 祝日なのに大学に出講する | トップページ | 方広寺で登山し松山屋敷の解体を読んで新碑銘文に悩んだ »