« 【巡検】龍馬の刺客の帰り道を体感する | トップページ | 秀吉の中国大返しと禁門の変を考えた »

2008.11.25

祝日なのに大学に出講する

11/23(祝・月)午後あめ 

 祝日である。 

 が、大谷大学の講義があった。

 文部科学省の意向で、祝日であれ、決められた講義数をこなすため、出講なのだそうだ。 何のための祝日だ。おかしいと思わんか。世の中には祝祭日だから、と行われる行事がある。それに参加できない。やっぱりおかしい。

 足りない講義分は、学期末の集中講義で補てんすべきだろう。それがいい。そうしよう。

 出席をとらんのに、こういう日に来る学生がいる。9時からの講義だぞ。おどろいてしまう(来るな、といっているわけではない。いろんな意味で感心しているのだ。誤解のないように)。   

 午後、某所の締切ぎりぎりの原稿にたちむかう。

 ばかなことだが、松原通の東つきあたりに清水寺があることにきづいた。

 今さらなのだろうが、おどろいた。本当におどろいた。すごいことだ。

|

« 【巡検】龍馬の刺客の帰り道を体感する | トップページ | 秀吉の中国大返しと禁門の変を考えた »