« 伏見、新選組奮戦跡の検出を見た | トップページ | 篤姫を東福寺即宗院で論ずる »

2008.11.02

「篤姫」の最後を知る書物

11/1(土)はれ

 名古屋、栄中日文化センターへ出講。一昨日予告したように、伏見奉行所跡の成果を話した。話しすぎ。1時間半講座なのに、1時間もしゃべった。

 本日出席者が少なかったような気がした。もしかして、本当にさぼって伏見の現地説明会に行かれたか。それはすばらしいこと。

 JR京都駅の新幹線ゾーンの書店で、『NHK大河ドラマ・ストーリー篤姫』完結編という、珍しい書籍を見つけ、買う。

 「完結編」って、こんな本、過去のシリーズに出ていただろうか。

 おかげでこれからの「篤姫」がどうなるか、ほとんど知れた。大半があきれることだが、意義深い設定も知れた。慶応4年(明治元年)以後を2話もするという。

 10年前の大河「徳川慶喜」でも慶応4年以後は1話もなかった。長命の慶喜のながい晩年を描かないなんて、最後が実につまらない番組だと思った。

 今回はその点で意義深い。

|

« 伏見、新選組奮戦跡の検出を見た | トップページ | 篤姫を東福寺即宗院で論ずる »