« 東京にいっておりました | トップページ | 龍馬の妻お龍の実家跡に建碑がなされた »

2008.10.03

『京都の江戸時代をあるく』がやってきた

Dcf_1405_3

 拙著『京都の江戸時代をあるく―秀吉の城と龍馬の寺田屋伝説』(文理閣、1890円)が拙宅に届いた。

 「第3子」である。感慨ぶかい。「平成の『寺田屋騒動』」の根拠になった内容がふくまれる。

 10月10日(金)、書店に並ぶ予定だそうです。

  みなさんにかわいがってもらえるだろうか。よろしくお願いいたします。

|

« 東京にいっておりました | トップページ | 龍馬の妻お龍の実家跡に建碑がなされた »