« 「ベストセラー」研究者になってしまった | トップページ | 【講演】篤姫のみた洛中洛外 »

2008.10.23

尾下成敏さん、内田浩平さんから玉稿・高著を拝受

 昨日にひきつづき、高著・玉稿拝受の御礼を申し上げます。

 ①尾下成敏さんより。同氏「『上杉加級宣旨案』の紹介―近世初期武家官位に関する一史料」(『史林』91巻5号、2008年9月)

 ②内田浩平さんより。清水聡氏『気骨の判決―東條英機と闘った裁判官』新潮新書、2008年8月

 ③内田浩平さんより。島内景二氏『源氏物語ものがたり』新潮新書、2008年10月

(2008年10月22日分)

 尾下成敏さん(京都橘大学非常勤講師)は、新進気鋭の織豊期研究者のひとり。とりわけ上杉氏に詳しい。来年の大河ドラマに向けて大活躍されることだろう。

 内田浩平さん(新潮社新書編集部)とは2冊の本の製作をお約束している。とくに大事なのが、坂本龍馬に関するもの。来年の秋に出す予定。できるか。

|

« 「ベストセラー」研究者になってしまった | トップページ | 【講演】篤姫のみた洛中洛外 »