« 広隆寺と南禅寺金地院になぜ三宅碑が建つか | トップページ | 龍馬でお礼の会 »

2008.09.23

大谷大学再開し、日経の取材に応じる

9/22(月)はれ 

 大谷大学に出講。後期の開始である。講義内容を紹介して、かるく終える。ひさしぶりの都市史をする。近世城下町論である。

 大谷大学は今期で退任することになったので、最後の頑張りをいたしたいと思う。

 午前11時、日本経済新聞のOさんから取材をうける。「平成の寺田屋騒動」の取材はお断りをしているが、今回はミヤコの惣構(そうがまえ)、御土居堀である。だから引き受けた。

 場所は北大路タウンそばの「向日葵」という喫茶店。とくに好きな店というわけではない。ではなぜ使ったか。そこが土塁跡だから。由緒地で話すというロケーションをねらってみました。

 来月上旬に載るそうです。

|

« 広隆寺と南禅寺金地院になぜ三宅碑が建つか | トップページ | 龍馬でお礼の会 »