« 最終校を送り出した | トップページ | 中村武生の京都検定日めくりドリル500問 »

2008.09.12

禁門の変の進軍ルートをあるく

9/11(木)はれ

 京都新聞文化センターの「篤姫と幕末史」講座に出講。

 今回は禁門の変を巡検する。

 益田右衛門介を総大将とする、天王山の軍勢のコースを疑似体験することにした。

 乙訓郡大山崎の離宮八幡宮を出発・西国街道を北上、樫原(かたぎはら)で山陰街道に合流して東行。

 桂川をわたり旧西七条村で北上。松原通で御土居堀を通過して京都に入り、さらに柳馬場通を北上して堺町御門にたっするという「天王山義挙日記」のコースを行きたかった。

 が、さすがにそのすべてをあるくのは無理。

 で、かろうじて樫原までいった。

 元治元年(1864)7月19日午前4時ごろ、ここで兵糧をつかった。すなわち朝食を食べた、その「天王山義挙日記」の当該部分を読む。

 今日は暑かった。担当Yさん疲れはてながらもついてきてくれた。

 次回、今講座最終回です。

 

|

« 最終校を送り出した | トップページ | 中村武生の京都検定日めくりドリル500問 »