« 山科・醍醐の子らに旧蹟案内をする | トップページ | 東京にいっておりました »

2008.09.30

NHK朝ドラ「だんだん」始まる

9/29(月)あめ

 また「今週」はじまる。

 午前9時、大谷大学に出講。「秀吉の京都」の都市構造のおはなし。いつものやつだ。早く終わらせるつもりが、だめだ。やっぱり熱がはいる。

 午後から三条ラジオカフェへ。いつものラジオ収録。「龍馬の時間」と「中村武生の京都歴史探偵」。今月は五週分収録。だから10本録った。つかれた。もう四ヶ月目。そろそろマンネリ化してきた。

  本日発売の週刊ポストをみせてもらう。四週目の「観光偽装」コーナー、今回は木屋町御池上ルの「幾松」だった。今回も僕は取材をうけていない。「黒幕」ではないので誤解ありませんように。

 本日、NHK朝ドラ新番組「だんだん」がはじまる。

 この番組、かなり近しい親戚が制作にかかわっている(NHK出版刊行のドラマ・ガイドの「本誌製作協力(NHKドラマ制作班)」欄に氏名がある)。

 NHK朝ドラはまったく見ないのだが、今回ばかりはそうはいかない。だが、リアルタイムではみられなかった(大谷大学に出講してたからね)。

 DVDに予約しておいた。帰って見た。

 夜、週刊ポストのUさんから電話あり。ある「新選組遺蹟」について質問された。なるほど次回はそれですか。

 個人商店みたいなところへの攻撃は弱いものいじめにみえる。「観光偽装」というなら、幕末にかぎらず、もっと広く、そして巨大なものを相手にすべきなのではないですか、と管見をのべる。

|

« 山科・醍醐の子らに旧蹟案内をする | トップページ | 東京にいっておりました »