« 夏休みだ | トップページ | 京都の龍馬ゆかりの地に建碑許可がおりた »

2008.08.01

A姫にでるかあ

7/31(木)はれ

Cimg1282_3

 夏休み初日。
 しめきりすぎた原稿に没頭する予定だった。

 が、某番組「A姫」の撮影隊が、堀川一条に立たれたことを連絡うける。
 同地の某さんにすぐさま連絡するも、愛宕登山でご不在。
 ぼくがかけつけるほかない。

 撮影を拝見する。
 第42話、10月19日(日)放映分(エンディング「A姫紀行」)に登場する予定の由(変更があるかも)。
 
 そのあと「某社の某担当者」を訪問したら、同社の他の部署の方がやってこられて、懸案の一件につき、こんこんと今後のスケジュールのこと、さとされる。御世話になりました。

 「某社の某担当者」の方とはそのあとランチにいき、また次の仕事の打ち合わせをする。

 そのあと原稿にもどりたかったが、もう一件、懸案があることにきづき、東山区縄手通新門前のT瓦店に行く。
 130年の老舗の由。
 やさしい顔の「某」を購入する。

 それを旧U郡I村をへて、O村にはこぶ。
 設置を御願いする。

 お龍写真の拙稿「下」の載った『京都民報』が本日刊行されているのをみる。
 思いはふかいが、これで他の仕事がおくれた。自分がわるいのだ。

 そのあともいろいろある。
 しめきり原稿があることもわかっている。
 苦しみつづける。

|

« 夏休みだ | トップページ | 京都の龍馬ゆかりの地に建碑許可がおりた »