« 池田屋事件の日でした | トップページ | 御土居堀、北西隅が露出 »

2008.07.10

【講座】幕末史における長州毛利屋敷

 以下の講演会・現地見学会、まだ参加人数に余裕があるそうです。
 主催者から告知依頼をうけたので、掲示いたします。
 どうぞよろしくご参加ください。


幕末史における長州毛利屋敷
  広誠院の特別公開と木屋町幕末史蹟めぐり

 池田屋事件から禁門の変へと歴史が動いた京の熱い7月。
 当時の舞台となった木屋町通りに残る長州屋敷庭園跡の「広誠院」で、幕末史研究者であり、歴史を地理学的に歩いて探求している中村武生さんに講演いただくとともに、現地を歩いて学ぶ木屋町ウオッチングを行います。

【講演会】
と き:2008年7月13日(日)
    午後1時から3時
ところ:広誠院(京都市指定文化財。京都市中京区木屋町通二条下ル西側)
参加料:3500円  定員:40名(要申込み)

【現地見学会】
と き:2008年7月19日(土)
    午前9時から12時
ところ:市営地下鉄京都市役所駅
    改札口集合後、 木屋町通り二条・四条間あたりを史蹟散策
参加料:3000円  定員:20名(要申込み)

 いずれも講師:中村武生(歴史地理研究者/同志社大学嘱託講師)

 お電話でのお問合わせ・お申込みは、
 京都民報社・文化講演会係(荒川)TEL075・256・0901

 メールからもお申し込みできます。
http://www.kyoto-minpo.net/kouenkai/bakumatu.html

|

« 池田屋事件の日でした | トップページ | 御土居堀、北西隅が露出 »