« 『吉田松陰を描いた男―松浦亀太郎の生涯と作品』でどうだ | トップページ | 風邪にたおれる »

2008.07.06

池田屋以後の近藤勇を考えた

7/5(土)はれ
 気候が不快になってきた。

 昨日以来、のどの調子がよくない。
 名古屋市、栄中日文化センターに出講。

 「新選組の手紙をよむ」。
 池田屋事件以後の近藤勇のありようを考える。

 終了後、のどの痛みがきつくなった。
 受講者とのいつもの喫茶をしたのち、急いで帰洛する。

|

« 『吉田松陰を描いた男―松浦亀太郎の生涯と作品』でどうだ | トップページ | 風邪にたおれる »