« たいへんな状態。しめきりの山。 | トップページ | 『吉田松陰を描いた男―松浦亀太郎の生涯と作品』でどうだ »

2008.07.04

近江屋新助と菊屋峯吉を墓参する

7/3(木)はれ

Dcf_1350

 蒸し暑い日。

 昼から珍しく、御土居堀を考える講座を実施。
 多数のご来場者あり。

 午後3時、京都龍馬会メンバーとの墓参を約束していた。
 金戒光明寺の近江屋(井口)新助(写真)、知恩寺の菊屋峯吉(鹿野(かの)安兵衛)。

 実はいずれもはじめて。
 多忙きわまりない状態だが、いい機会なのでうかがう。
 知らなかったことをいくつか知れた。

 夜、いつもの木屋町三条「龍馬」でしめきりすぎてしゃれにならない原稿を打つ。
 ありがたい。深夜、ほぼ完成する。

 自宅にもどり最後の推敲をしながら、力つきる。

|

« たいへんな状態。しめきりの山。 | トップページ | 『吉田松陰を描いた男―松浦亀太郎の生涯と作品』でどうだ »