« 同志社大学の学生さんを大事にしたかったのだ | トップページ | 監修第1号の建碑なる »

2008.06.22

江ノ島で京都の篤姫をかたり日帰り

6/20(金)くもり
 朝9時、同志社大学に出講。

 昨日のこと伝える。
 喜んで受け入れたもよう。
 帰ってきてよかったと思えた。
 ありがとうございます。

 長井雅楽の航海遠略策と、島津久光の東上を論じた。
 
 その足で京都駅へ。
 江ノ島へむかう。

 午後2時すぎ、江ノ島で「篤姫の京都」論。
 不思議な活動。

 江ノ島は初めて。
 龍の口の日蓮聖蹟、龍口寺の前をとおりながら参拝できなかった。残念。

 宿泊せず、すぐ帰路につく。 

 もっともちかい新幹線駅は「小田原」だと知り、そこから乗るが、失敗だった。
 
 こだましか停まらない。名古屋まで2時間もかかってしまう(のぞみなら新横浜・京都間が2時間)。
 しかも超満員で自由席が座れない。

 たっていられないので、やむを得ずグリーン車に乗った。

 すばらしい。
 静かだ。
 勉強する気になる。
 長旅が楽しくなった。

|

« 同志社大学の学生さんを大事にしたかったのだ | トップページ | 監修第1号の建碑なる »