« 山科本願寺・寺内町を考える市民の会の明日を考えた | トップページ | 明治維新史学会で武州に下る »

2008.06.14

「龍馬」にわいた

6/13(金)
 目がまわるほどとびあるいた。

 京都国立博物館でM川T一先生とおめにかかり、あるものを拝見したのはそのほんの一部。

 夜、いつもの木屋町三条下ルの「龍馬」で、おそるべき集会あり。
 2010年をめざして「信じられないこと」を論ずる。

 「可恐(おそるべし)、可恐」。

|

« 山科本願寺・寺内町を考える市民の会の明日を考えた | トップページ | 明治維新史学会で武州に下る »