« 篤姫のみた京都・伏見、を追っての掲載紙を入手 | トップページ | 旧U郡O村から北野上七軒へ »

2008.05.10

薩摩邸に非ず、同志社の門

5/9(金)はれ
 あっついなあ。
 まだ長袖きてる。暑がりなくせに。
 たんに衣替えがめんどくさいから。

 朝、同志社大学に出講。
 もうひとつ調子に乗らん。まだ連休ぼけか。

 前回のコミニュケーションカードのひとこと。
 「同志社には薩摩屋敷の門が残されていて」云々。

 これは事実ではないことを最近知った。
 だからそれを伝えた。

 正しくは閑院宮邸の門である。

 けっこうな衝撃を与えたようだ。
 今回のコミニュケーションカードに感想があった。

 まあ、そうだろう。僕だって知ったときは衝撃だった。
 が、予想はできた。
 なんらの物証がないのに「有名」だったからだ。

 史蹟の事実検証がいかに大事かわかってほしい。世の中、ウソだらけだ。

 昼、くずし字入門。
 また「都の記」。

 京都所司代や京都町奉行歴代の名前を読んでいる。
 単調だ。
 不評らしい。
 そうだろう。ながい間、あんなに難しいものを読んでいたのだから。
 考えます。

 夕方、ある一件の許可がおりたと連絡があった。
 来週から開始される由。

 うれしいので会う予定のなかった仲間に伝えに行った。

|

« 篤姫のみた京都・伏見、を追っての掲載紙を入手 | トップページ | 旧U郡O村から北野上七軒へ »