« 能楽師河村隆司さんを悼む | トップページ | 「お龍の写真」科警研成果のこと »

2008.05.31

「是より洛中」標石を復興します

5/30(金)はれ
 午前9時、同志社大学に出講。
 以前、受講者から依頼のあった、大河ドラマで取り上げた人物や団体の信用できる文献一覧をつくって配布する。
 2004年の「新選組!」から今年の「篤姫」まで。
 昨年の「風林火山」をのぞいてすべて試みた。

 その解説だけで時間をとった。
 が、けっこうおもしろかった。うけたみたい。

 午後からくずし字入門に出講。
 「京境」、すなわち京都の境界を示した江戸中期の記録をよむ。
 「京境」と「洛中」の範囲のちがうことを示す。

 「京」って、「洛中」ではないのですね。
 
 「洛中」の範囲は、「是より洛中荷馬口付のもの乗るべからず」の標石の位置によってわかる。
 このあたり、ていねいに整理すべきだろうと思う。

 そのためにも、いま現地にすべて失われた「是より洛中」標石復興を進めてきた。

 いってみるものだ。
 このたびその第1基目が建つことになった。

 京都五月村クラブが、僕の思いをうけて、その15周年紀念イベントとして建てられることになった。

 近世「丹波口」跡付近だ。

 現、新千本七条の京都中央卸売市場入り口ちかく。
 きたる6月23日(月)午前11時、除幕式をおこないます。
(先日まで「午後11時」にしていて失礼しました。誤りです)
 
 よろしければおこしください。

 夕方、京都民報社へ。
 7月におこなわれる、同社主催の講演会・見学会の打ち合わせ。
 
 終了後は、親睦会をしてくださる。
 楽しくありました。

|

« 能楽師河村隆司さんを悼む | トップページ | 「お龍の写真」科警研成果のこと »