« 春休み最後の日 | トップページ | 下京から自宅まで歩き、荷物を処分 »

2008.04.10

大学新学期はじまる

4/9(水)はれ
 新学期はじまる。
 
 まずは京都女子大学から。
 1講目、8時50分から。

 昨年は日も時間もまちがうという失態をした。
 9時すぎに教壇にたち、「はじめまして」といったら、8時50分からで、実は先週からだったのですといわれた。
 無断休講のあと、遅刻したのに謝らない非常識な教員だった。

 知らなかったので、講義終了後知らされて、翌週謝りたおした。

 そんなことがあったので今年は開始日をきちんと調べ、時間もかなり早めについた。
 7時50分にはもうキャンパスにいた。

 早すぎて講師室まっくら。
 僕が電気をつけた。

 ポットもスイッチが入ってなくて、お湯ができていなかった。
 コンセント入ってるのに。
 なんでだろう。

 最初にこられた事務の方にどうしたらスイッチ入るのですかと尋ねると、タイマーなんですといわれた。
 想定外の早さだったようだ。

 受講者たいへん多く、約150名。
 プリント100枚すっていったら全然足りず。

 昨年同様のコミュニケーションカードを書いてもらう。
 やっぱり京女生、期待どおりの内容だった。すばらしい。

 午後からキャンパスプラザ京都に出講。
 くずし字入門。

 前日、あるオリジナル記録(1冊)を手に入れた。
 実に興味深いもの。

 「本邦初公開!!」ともったいをつけてお披露目。
 いまていねいに読み解くヒマはないが、これは翻読し公刊する意義があるのではと思っている。

 夕方、佛教大学へ。
 「京都地理フィールドワーク」という講義。
 受講者、たった8人。
 ゼミみたい。
 これはステキな授業ができるぞ。

 春学期は水曜日がステキな日になりそう。

|

« 春休み最後の日 | トップページ | 下京から自宅まで歩き、荷物を処分 »