« 「不思議ちゃんな先生」 | トップページ | 篤姫展、内覧会に出席 »

2008.04.18

恵美押勝の乱と信長上洛をかたる

4/17(木)あめ
 名古屋、栄中日文化センターへ。

 また講座の再開である。
 今回も引き続き、「日本の城と合戦」と「京都学ことはじめ」。

 「京都学ことはじめ」は、まあいいのだ。
 専門にちかいから。

 信長の京都支配について。
 主に高橋康夫先生(建築学)の旧二条城のご成果(『豊臣秀吉と京都』所収論文、文理閣)のご紹介だったのだが。

 問題は城と合戦講座で、今回はこともあろうに恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱。
 奈良時代ではないか。
 よくぞそんな話するわ。

 ところが、なんとこの講座がもっとも人気が高いのだ。
 専門家の思いと一般の関心の齟齬をここにみる。

 夜も庶務や原稿執筆などあり。
 大学再開して2週間。

 そろそろ疲れてきた。

 夜、大雨。
 雨降ると郵便局にいけない。

 でも待たれている荷物は発送せねばならない。
 こういうとき、自家用車をもちたくなる。

|

« 「不思議ちゃんな先生」 | トップページ | 篤姫展、内覧会に出席 »