« ついに応仁の乱に来た | トップページ | 祝日なのに名古屋に出講 »

2008.03.20

楠木正成ゆかりの地をいく

3/19(水)小雨
Cimg0869

 基礎からまなぶ日本歴史の巡検で、大阪府千早赤坂村へ。

 楠木正成籠城の地、下赤坂城跡、千早城跡などを訪問する。
 実は僕はじめて。
 至近の誕生地は15年前にきたことがあったが、城跡ははじめて。
 けっこう感動。

 「みちの駅」で、恒例となった「太平記」の赤坂城籠城部分を朗読。
 臨場感をもつため。
 30分ちかくもやった。
 時間がなくなった。
 
 参加者、山が急だとおどかしすぎて、少数。 
 でも、千早城跡はたしかにきびしかった。
 こなくてよかった人の顔が何人かうかんだ。

 総務のKさんの適切なタイムキーパーぶりにより、適切に移動できる。
 帰りにバスに乗車拒否をされたことは誤算だったが。
 
 京都へもどったのは午後8時前、京都駅前で(酒の入らない)懇親会。
 楽しかった。

 ほんとうは家にこもって「京都の江戸時代をあるく」成稿させたかったが、それだけのことはあった。
 次は神戸市湊川神社だな。

|

« ついに応仁の乱に来た | トップページ | 祝日なのに名古屋に出講 »