« 陽明文庫を訪れ「篤姫」に接近する | トップページ | 京都のなぜ?を講義する会に初出講 »

2008.03.17

山科の安祥寺と山階寺の歴史をかたる

3/16(日)はれ
 午前中、江戸東京博物館から「篤姫」展図録が到着。
 昨日、友人T社のC氏が段取りしてくださる。
 予想外に早い到着。

 嵯峨野学芸倶楽部に出講。
 本日もたくさんのお越しで。
 ありがとうございます。

 山科・醍醐のおはなし。
 いつもの「最近のおはなし」はまた篤姫。
 はじめての方はめんくらったろう。
 
 安祥寺と山階寺のはなしに集中し、醍醐寺や勧修寺、山科本願寺・寺内町なんてまったくできず。

 前回の紫野・鷹峯同様、その2をしなきゃあなあ。
 
 終了後、また帷子ノ辻駅前の「スマート」で懇親会。
 しらんまに恒例化している。それはそれで楽しい。

 絵図のみかたとか、石碑建設の件とか、いろいろあり。

 そのあとまた旧U郡D村・I村などへ。
 建物の外観見学。
 よい家をながめる。

 夜は自宅で「篤姫」。
 予定通り、篤姫上洛は3/30放映だ。
 わくわくである。

|

« 陽明文庫を訪れ「篤姫」に接近する | トップページ | 京都のなぜ?を講義する会に初出講 »