« 積雪のなか紫式部を墓参する | トップページ | 古高俊太郎と龍馬と鞆ノ浦 »

2008.02.15

「篤姫の7日間」解明へ1歩

2/14(木)
 朝、陽明文庫(京都市右京区)に電話。
 いうまでもない。
 近衛家の史料館である。

 文庫長、名和修先生とお話できる。
 「篤姫の7日間」解明の目的で、同文庫の史料閲覧の希望を出していた。

 快諾くださった。
 来月です。楽しみです。

 京都新聞文化センターに出講。

 「篤姫」講座。
 近衛家と島津家の関係についてのべる。

 小松帯刀の京屋敷についての新見解を披露。
 だいぶ事実にちかづいたと思う。

 バレンタインデー。
 義理チョコ(だろう)をふたついただく。

 本命はいただけなかった(まあ、いいのだが)。

 夜、某フランス料理店でディナーをする。

 実は、知られざる幕末史蹟。
 「最後の幕末史蹟」とよんでいる。
 ランチはしたことがあるが、ディナーははじめて。
 
 安くはないが、店内満員。
 みんなお金もちだなあ。

|

« 積雪のなか紫式部を墓参する | トップページ | 古高俊太郎と龍馬と鞆ノ浦 »