« 15年ぶりに行った店 | トップページ | 積雪のなか紫式部を墓参する »

2008.02.13

コピー機にきらわれて足利義満の皇位簒奪をはなす

2/12(火)小雨
 「基礎から学ぶ日本歴史」に出講。

 途中で本日配布のプリント、コピーをこころみるも、各所で問題おこる。
 1ヵ所目はお金を入れているのに、「足りません」と表示がでる。
 職員さんをお呼びすると、説明書を読み出される始末。

 こりゃ、時間かかるわ。
 あきらめて2軒目へむかう。

 2軒目は動くんだけど、A3用紙がない。
 これ以上は時間がない。
 ゆえにB4を使用。
 
 いつもとサイズがちがうので、受講者に謝罪。
 
 本日も前回につづき、足利義満のはなし。
 今谷明さんの皇位簒奪論のご紹介(『室町の王権』中公新書など)。

 終わると、受講者のお2人から建碑のことおはなしあり。
 前進していることよくわかる。
 すばらしい。
 
 つづいて来月実施の「洛洛歩考会」(国土交通省京都事務所主催)担当のYさんの待ち伏せあり。
 参加者に配布する冊子の原稿校正をのぞまれる。
 2時間半ほどこもって、いろいろする。

 午後5時、店の閉店にうながされて終了。

 大谷大学にたちより、テスト採点簿を提出する。
 おそくなってすいません。

 帰宅ののちは別件、仕事。
 しても、しても、仕事が減らない。
 ありがたいことだが、なにか打開策はないものか。

 あ、ひきうけなかったらいいのか。

|

« 15年ぶりに行った店 | トップページ | 積雪のなか紫式部を墓参する »