« 今日は篤姫の誕生日です | トップページ | 東京・町田でまた京都論 »

2008.02.06

彦根・長浜・岡山の巡検を考えて京都大人文研にいく

2/5(火)はれ
 朝からゴミを出したり、「京都検定日めくりドリル」の今週末の1問つくって送ったり、昼に出講の「基礎から学ぶ日本歴史」の準備をしたりと多忙。

 すきをみて地形図上で旧U郡I村の地理検討。
 私的に興味深い地域だ。

 基礎から学ぶ日本歴史、本日は南北朝合体。
 またいつものように生の史料をよむ。
 明徳3年(1392)11月の義満の書簡や、「続神皇正統記」などの記事。

 そのあと、JR西日本・ジパング倶楽部の巡検イベントの打ち合わせ。
 5月に彦根・長浜・岡山の3城下町をあるきます(有料)。
 中村的視点での歴史地理探索です。

 くわしくはJR西日本駅改札付近におかれる、『旅のアトリエ』3月号(無料)をごらんください。
 ぜひおこしください。

 さらに夕方、京都大学人文科学研究所の図書館へむかう。
 ある刊本の閲覧・複写のため。

 有名な幕末の人物の日記なのに、近畿ではここにしかない(はず)。
 それでも大学図書館の横のつながりですぐに手に出来る。
 ありがたいことだ。めぐまれた環境にいる。

 目前に仕事が山積してきた。
 めまいがしたので、夜、河原町三条付近を徘徊する。
 でも9時までには帰宅し、たまっている仕事のいくつかに手を出す。

|

« 今日は篤姫の誕生日です | トップページ | 東京・町田でまた京都論 »