« 町田明広氏と龍馬で維新を語る | トップページ | 確定申告おわる »

2008.02.24

楠葉台場跡から池田屋事件ゆかりの地へ移り夕食

2/23(土)くもりのちゆき
 河内国の楠葉台場跡(大阪府枚方市)の現地説明会にいく。
 幕末畿内地方の攘夷問題に大きくかかわる旧蹟。

 僕の大事なコネタだった。
 昨年、名古屋の朝日カルチャーセンターの40人の人々を案内したことさえある。
 
 良好な遺構が地表面に残っていた。
 が、文化財の指定を受けていなかった。
 あぶないと思っていた。
 
 今回、同市は国庫補助をうけて、2年計画で調査を行う。
 国史蹟として保護されるのではないか。
 大きく期待したい。

 それにしても1日3回の現地説明会があったにもかかわらず、100人ほどの参加者しかなかった由。
 なんということだ。

 京都防衛の大事な拠点である。
 だから当日とはいえ、京都新聞朝刊に載ったのだ。

 京都市内の方々、もっと関心をもってください。

 夜は、池田屋事件戦死者の菩提寺(三縁寺)跡をのぞむ創作和食の店でディナー。
 大雪がふる。
 ながめが実によい。
 幻想的でさえあった。

 講談社現代新書『池田屋事件』が出たら、ここでお祝いだな。

|

« 町田明広氏と龍馬で維新を語る | トップページ | 確定申告おわる »