« 確定申告になやむ | トップページ | 楠葉台場跡から池田屋事件ゆかりの地へ移り夕食 »

2008.02.23

町田明広氏と龍馬で維新を語る

2/22(金)はれ
 あたたかい日。そろそろ春か。

 まだ確定申告、奮闘中。
 が、だいぶわかってきた。
 楽しくさえなってきた。

 「知れる」ってうれしいものだ。

 山陽新聞福山支社の西崎哲也氏から、先日の鞆での講演の掲載紙が届く(2月10日付朝刊)。
 大き目の記事で、僕が写真に写っていた。
 送ってくださりありがとうございました。

 夜、東京からご出張中の維新史研究者、町田明広氏とお目にかかる。
 僕のなじみのお寿司屋さんと、木屋町三条のいつもの「龍馬」で、かなり濃い維新史談義。

 「寺田屋の一室で維新は生まれた」とは誰かがいったことばだが、「龍馬のカウンターで維新史研究は進んだ」とは僕のひとこと。
 
 ここでも建碑計画が進められている。
 京都に複数のお龍の標石を建てるつもり。
 千円寄付をした。

 今年は京都建碑イヤーだ。

|

« 確定申告になやむ | トップページ | 楠葉台場跡から池田屋事件ゆかりの地へ移り夕食 »