« 【講演】三条実美ら七卿と鞆ノ浦 | トップページ | 雪の薩摩二本松屋敷の門とされるもの »

2008.01.24

幕末志士の居所を論じブックオフで狂喜する

1/23(水)くもり
 JRなど山科駅前のアスニー山科に出講。
 以前告知しましたが、「河原町三条界隈になぜ維新史蹟が多いのか―幕末志士居所論」という話をする。

 200人定員だが、今日は天気がわるい。
 おそらく150程度だろうと思っていたが、さにあらず260人も来られていました。
 すごい。

 知ったお顔が多数でしたが、もちろん未知の方も多数で、なかには故恩師の奥様と親しいという方、話題にした先生の息子さんと同僚だという方、いろんな方から声をかけていただき、実に楽しいひとときでした。

 帰途、またブックオフ三条京阪店に寄る。
 なんと今度は『山内家史料』第一期分(一豊公紀、忠義公紀、忠豊公紀)全7巻がそれぞれ2500円で売りに出ていた。
 驚いた。それぞれは土佐山内家の当主の伝記で、多数の原史料を引用している貴重なもの。
 土佐山内家を専門にはしていないが、江戸初期の京都・伏見を考えるものとしては、必要な史料集である。

 2代忠義の時代はまだ将軍上洛が行われている。
 3代忠豊の時代以後も京屋敷は維持されている。
 江戸時代の京屋敷をしる基礎データになりえる。
 
 が、いかんせん高額だ。
 定価は各巻8500円。
 古書価格でも5000円前後だ。
 これを買うなら○×が先だ、で手にしていなかった。

 実際もし『山内家史料』を購入するなら、当然幕末の当主「豊範公紀」を最初に購入すると思っていた。
 
 しかし2500円なら別だ。
 小金はもっていた。
 思わずすべて買い占めた。

 ほかにも魅力的なコネタ本がいくつかあったので、支払いは2万10円になった。
 ブックオフで2万円を支払ったのは初めてだ。
 
 でも持って帰れるか。 
 今日は荷物が多い。
 リュックとパソコンとカサがある。
 で、郵送してもらおうと思った。
 古書店で書物の郵送を頼むのも初めてだ。
 初めてづくし。

 その手続きをしてもらっているさなか、ちがうことを考えた。

 送料はおそらく1000円ほどだ。
 それとは別に、今日これから僕が単身帰宅するには電車とバスを併用して500円ちかくかかる。
 
 計1500円ほどじゃないか。
 それならタクシーに乗ろうと方針をかえた。

 レジの兄さんに箱詰めにしてもらい、1階まで運んでもらった。
 そこでタクシーをひらってすべての荷物を乗せて自宅へ向かった。
 
 メーターやっぱり1500円ていど。
 かえって楽できた。本も即日手元にある。いいことづくめだ。好判断だったと思う。
 
 夕方、佛教大学で人文地理学の講義。
 千本三条あたりに製材所が多かったはなしをする。
 このネタは初披露だったので、もう少し熟す必要があると思われた。

 帰宅して、原稿仕事をしつつも、昼間手に入れた『山内家史料』初代~3代紀を斜め読みする。
 予期した以上の史料が入っていて喜ぶ。
 うかつなことだ。
 周知の史料なのに、存在に気づいてなかった。
 諸刃の剣ではあるが、書物など史料の所有はやはり意味があることなのだ。

 それにしてもこの価格。
 3分の1以下ではないか。
 
 ありがたいことはまちがいないが、序文にある編者の刊行への思いを読むと、古書店でこんな安価で購入したことを申し訳なく思えてきた。

 ブックオフは難しい存在である。

|

« 【講演】三条実美ら七卿と鞆ノ浦 | トップページ | 雪の薩摩二本松屋敷の門とされるもの »