« すばらしい答案をみて「のだめ」をみつけて新聞取材に答えた | トップページ | 大高又次郎の障子を知り大学おわる »

2008.01.30

春休み目前の戦い

1/29(火)あめ
 基礎からまなぶ日本歴史に出講。
 雨なのに人が減っていない。いや増えている。初めてお目にかかる方、何人かおられる。ありがたい。ありがたい。

 休憩していた御土居堀を考える講座、ようやく復活することになった。
 そのうち告知します。どうかいましばらくお待ちください。
 2月と3月、それぞれ行います。

 山陽新聞社の記者さんから紹介記事のゲラをいただく。
 もう明日載るそうです。
 さすがに岡山は買いに行けない。
 山陽地方の方、いらっしゃったら御覧ください。

 いろんな締め切り一斉にくる。

 たとえばJR西日本・ジパング倶楽部の『旅のアトリエ』3月号への原稿。
 
 同社の管内に34万部発行されている雑誌らしい。
 駅改札に無料でおかれるそうです。

 同じくJR西日本(京都支社)発行の『京都散策』春号への京都観光案内記事。

 苦闘して、深夜ふたつとも終わらせた。
 すばらしい。

 明日は京都女子大学、佛教大学のテストだ。
 これで大学すべて終わる。
 春休みだ。
 あとすこしだ。
 頑張れ。

|

« すばらしい答案をみて「のだめ」をみつけて新聞取材に答えた | トップページ | 大高又次郎の障子を知り大学おわる »