« 雪の薩摩二本松屋敷の門とされるもの | トップページ | 研究会に行けず原稿打っていた »

2008.01.26

あの書物がまた売りに出ていたが、

 以前、ほしい書物がながく品切れで、やっと見つけたら、定価が1万2000円なのに、5万8000円もの高額になっていた、でもほしかったから買った。うれしかった、なんて話をした。
(2007年10月1日条参照)

 昨日、その書物、「日本の古本屋」のサイトでみてみた。
 その後、売りに出ているかの確認である。

 持っているのに見る必要があるのか。
 ない。

 ただあのときの判断は正しかったのかは気になっている。
 その後、多く市場に出て、購入価格より安ければ、判断ミスといえる。

 昨日、なんと1冊だけ売りに出ていた。

 価格は、9万4500円。

 僕の購入価格より3万5000円以上も高額だ。
 おそろしい金額になっている。

 5万8000円で買ったことは正しい判断だったようだ。

|

« 雪の薩摩二本松屋敷の門とされるもの | トップページ | 研究会に行けず原稿打っていた »