« 多忙である。大変でござる | トップページ | ひさしぶり、まとまった雨の日 »

2007.12.22

松浦亀太郎と講談社メルマガと忘年会とオアシス

12/21(金)はれ
 同志社大学「文化史特論」、本年最後の出講。
 城南八幡の郷土史家、西村芳次郎論。

 終了後、受講者Kさん、松浦亀太郎を卒論テーマに選んだNさんと歓談。
 松浦亀太郎について、また議論。

 一旦帰宅し、講談社メルマガにたちむかう。
 本日締め切り。

 つぎの予定への外出までになんとかしなきゃ。
 午後5時すぎまで頑張る。
 分量に問題はあるが、なんとか提出する。
 
 担当Y田さんからすぐ折り返しお返事。
「間に合いました」。
ありがとうございます。いつもごめいわくをおかけして申し訳ありません。
 
 午後6時から、西大路今出川上ルで、基礎からまなぶ日本歴史・くずし字入門、合同忘年会があった。
 僕をふくめて、25名のご参加。

 K畑さん、T富さん、名幹事で大変お世話になりました。
 とりわけT富さんのこばなしサービスは圧巻で、あっというまの2時間でした。
 僕はなにもせず、ただひたすらぼーっとしていました。それがありがたかった。

 2次会はちかくの喫茶店。
 また僕はひとりでぼーっとしていた。

 なかなか最近は、頭をカラにするヒマがなくて。
 貴重な日でした。

 そのあとは、たまたまご一緒にあるいて帰っていた参加者のNさん、Mさんといきおいで鷹峯までいく。

 御土居堀北西隅をのこすラウンジ「オアシス」で喫茶をする。

 とてもひさしぶりでした。
 森田さんご夫妻、従業員のみなさん、おかわりなく。

 一曲の歌もうたわず、日が変わったところで辞去。
 
 また御土居堀北西隅付近の環境がかわっていることに、おそまきながらきづいて、「明日写真撮らなあかんなあ」と思いつつ、帰途につく。

 このブログ、生活のほとんどを公開していると、あらためて思ったことがあった。

 上記Nさんからいわれたこと。 
 「このあいだ京都駅前地下で先生をみかけた、人といっしょに歩いておられたので、声をかけなかった、あとからブログをみて、一緒にいたのは新潮社の内田さんという方だとわかった」。

 「これで、僕がブログで記している行動が事実だとおわかりでしょ」とお答えしましたが、すべてを公開してんなあと、自分にあきれた次第でした。
 
 やめないけど。

|

« 多忙である。大変でござる | トップページ | ひさしぶり、まとまった雨の日 »