« 上七軒シンポ。5人の研究者が切りこむ | トップページ | 建武の新政と忘年会と建碑計画とイス »

2007.12.04

大谷大と佛教大で「はじめまして」

12/3(月)小雨⇒くもり⇒はれ

 午前中、大谷大学へ。
 雨のせいか、受講者とても少ない。
 出席をとらないしね。
 月曜の1時間目なんて行きたくないわね。

 講義途中でネクタイをした人が入室される。
 大学生ではないな。 
 なんだろうと思っていたら、おわってからご挨拶にこられる。

 教育研究支援課のYさんだった。
 同大学の市民むけの講座への出講依頼だった。

 文学部長のK先生からのご紹介の由。
 いつも気にしてくださり、まことにありがとうございます。
 
 午後は佛教大学。
 惣構論のつづき。
 仁木宏さんのご研究のご紹介。
 半分しかできなかった。
 また来週、つづきをします。

 講師室のメールボックスをみると、封書が入っていた。
 右京区西院の出版社Kの編集部のIさんから。
 面識はない。
 なんだろう。

 拝見してみた。
 昨日の花街シンポにきておられた由。
 僕の報告を楽しんでくださった由。
 それでお話をしたいということだった。

 そんないい話したっけ?
 自分のことながら、不思議な気持ち。
 でもありがたいことだ。
 さっそくメールでお返事を差し上げた。

 夜は今週の京都検定日めくりドリルの残りをつくる。
 今週は第4回京都検定直前だ。

 それにむけたものを、と考えたが、なかなかそうもいかない。
 今週は「花街」。

 なるほど、知っている人はわかる。
 花街シンポに立ち向かってたもんなあ。
 その余力か。

 ばればれだな。

|

« 上七軒シンポ。5人の研究者が切りこむ | トップページ | 建武の新政と忘年会と建碑計画とイス »