« 鞆ノ浦で義昭・秀吉・龍馬に出会う | トップページ | 伏見・佐竹邸跡をみずに明治維新史学会へ »

2007.11.08

楠木正成登場、を読む

11/6(火)はれ
 基礎からまなぶ日本歴史に出講。
 「鎌倉幕府滅亡」に入る。
 「太平記」にある、楠木正成と後醍醐天皇との出会いの部分を朗読する。

 むかし、笠置山の行在所跡で朗読したことを思い出した。
 史料を舞台地で読む。
 すると部屋で読むより臨場感が出てくる。
 おススメします。ぜひ。

 終了後、どっと疲れが出る。

 夜、7時ごろ、いつもより圧倒的にはやく寝る。
 起きたら夜12時だった。
 でもまた寝られた。
 朝まで寝続ける。

|

« 鞆ノ浦で義昭・秀吉・龍馬に出会う | トップページ | 伏見・佐竹邸跡をみずに明治維新史学会へ »