« 長州毛利家が東照宮を勧請していた | トップページ | 鞆ノ浦で義昭・秀吉・龍馬に出会う »

2007.11.03

龍馬ゆかりの地へ招聘される

11/1(木)はれ
 京都平安ライオンズクラブの例会にお招きいただく。
 ご推薦くださったのは、上七軒大文字「つれづれ会」のメンバーY田さん。

 「知っているようで知らない平安京・京都」というタイトルで、40分ほどお話する。
 気持ちよくすごさせていただく。
 ありがとうございます。

 終了後、Y田さんにお車で京都駅ちかくまで送っていただく。
 実は広島県福山市鞆に行くため。
 現地のNPO「鞆まちづくり工房」からお招きいただきました。

 きたる11/15、同地の坂本龍馬ゆかりの建物が復興されます。
 そのための会議が明日おこなわれる。
 そこで何かはなせと、まちづくりの専門家永橋為介さんが紹介くださった。

 東本願寺前の小林地図店に寄り、25000:1地形図「鞆」などを購入し、新幹線に乗る。

 5時すこし前に福山駅につく。
 バスで35分。
 途中、中世都市「草戸千軒」をとおった。
 鞆ははじめて。
 でも草戸千軒は以前にきたことがある。
 あのとき、なんで鞆に立ち寄らんかったんやろう。
 回顧する。

 鞆を知らないものが、会議でなんの話ができるというのだろう。
 あつかましいが、引き受けてしまった。

 すこしでもましな顔をするために、前日に鞆に入った。
 さてどうなることか。

|

« 長州毛利家が東照宮を勧請していた | トップページ | 鞆ノ浦で義昭・秀吉・龍馬に出会う »