« 山科区民まつりで山科本願寺・寺内町遺跡を啓発 | トップページ | ひこにゃんと鞆ノ浦と三宅碑と惣構論 »

2007.11.26

小学生に醍醐寺のよさを伝える

11/25(日)はれ
 あたたかい日。
 あの寒かった4日間が夢のようだ。

 たまたまその寒い期間、妹が京都での結婚披露宴に参加し、寒さで中耳炎になった由。
 気の毒なことだ。

 醍醐に行く。
「山科・醍醐こどものひろば」のイベントで、小学生とその親御さんに下醍醐をご案内する。
 小学生に僕のしっていることを平易に伝える、むずかしいことだが、実に楽しい。
 稀有なことをさせてもらっている。
 今回は女の子、4人だけだったが、意義深かった。

 下醍醐、ひさしぶりに入ったが、またちがう価値をいくつか見出した。
 奥がふかい。
 すばらしい寺だ。

 午後からはお別れして、醍醐で「あるもの」をさがす。
 すぐみつかるものではないので、時間をかけようと思う。
 今日はささやかながらその貴重な第一歩をふんだと思った。
 

|

« 山科区民まつりで山科本願寺・寺内町遺跡を啓発 | トップページ | ひこにゃんと鞆ノ浦と三宅碑と惣構論 »