« 時間がない。限界をこえたか | トップページ | 山科区民まつりで山科本願寺・寺内町遺跡を啓発 »

2007.11.23

すごい雨男(雨女)に気づいた

11/22(木)午前中あめ午後はれ
Dcf_1035_2

 朝8時45分、二条城につく。

 東京都町田市の朝日アウトドア講座のみなさんと合流。
 僕は「晴れ男」だと公言している。

 本日実にめずらしく雨だ。
 今年に入っていったい何回目のことか。

 ここまで降るのは2回目だろう。
 1回目はいつだったっけ。

 おどろいた。
 やはり町田市の朝日アウトドア講座のみなさんを上賀茂神社にご案内したときだ。

 僕に圧勝できるような、雨男か雨女がおられるにちがいない。
 名古屋の朝日カルチャーセンターの担当Hさんも雨女らしいが、18回の見学会のうち雨はたった1回だった。
 それほど僕の晴れ度は高い。

 その僕に2度も勝つとは、すごい人だ。
 どの人か知りたかったが、ついにわからなかった。

 二条城、奥がふかい。
 来るたびに気づくことがある。
 中村ワールドに巻き込めそうだ。

 11時30分、終了。おわかれ。
 みなさんは湖東三山にむかわれた。
 
 午後からは京都新聞文化センターの巡検。
 江戸時代の大名屋敷跡の痕跡をみてあるくイベント。

 なんと、はれる。

 ねっ、うそじゃないでしょ。
 
 夕方4時半、京都御苑の閑院宮邸見学で終了。

 同邸を出たところで小雨がふってきた。
 ほら、終わったからね。
 
 信じていただけましたでしょうか。

(写真の門は、京都国際ホテルの大名屋敷の遺構)

|

« 時間がない。限界をこえたか | トップページ | 山科区民まつりで山科本願寺・寺内町遺跡を啓発 »