« JR西日本のビルから京都駅を鳥瞰 | トップページ | 宮内庁、天皇陵公開の報をきく »

2007.09.21

名古屋で小牧・長久手の戦いを論ずる

9/20(木)はれ
 名古屋へむかう。

 栄中日文化センターの「日本の城と合戦」「京都学ことはじめ」に出講のため。
 今回いずれも最終回。

 「日本の城と合戦」は小牧・長久手の戦いを論ずる。

 失敗した。
 最近、藤田達生さん編『戦場論』上下という、小牧・長久手の戦いの総合研究書みたいな書物が刊行された。
 今回も大きく学ばせていただいたが、藤田さんはながくから栄中日文化センターの講師でいらっしゃる。
 藤田さんのお膝元で、素人が小牧・長久手の戦いを語るなんて。厚顔無恥なことだった。

 京都学講座は、院政期の京都をお話しする。
 
 いずれも聴き上手のみなさんに支えていただきました。
 今後も当講座は継続します。
 またどうかよろしくお願いいたします。

|

« JR西日本のビルから京都駅を鳥瞰 | トップページ | 宮内庁、天皇陵公開の報をきく »