« 府立総合資料館で原本を確認 | トップページ | 【告知】花街文化シンポジウム »

2007.09.07

上七軒の学際シンポジウムの準備会に参加

9/6(木)はれ
 秋に北野上七軒のシンポジウムが開かれます。
 「来てください」といわれたとき、とくに予定が入っていなかったので、傍聴者のつもりで手帳に書いておきました。
 
 それがなんということか、報告者のひとりになってしまいました。

 建築学の井上えり子さん(京都女子大学)、民俗地理学の加藤政洋さん(『花街』朝日選書の著者、立命館大学)、社会学の鈴木岳海さん(立命館大学)とともに。
 ええんかいな。
 
 たしかにこのグループに歴史学(歴史地理)の人はいらっしゃらないので、上七軒の空間変遷を述べよといわれると、「はい、いたします」といってしまった。

 本日午後6時、京都府庁旧館(国重要文化財)で準備会。メンバーで職員のU原K久氏の好意。

 やっぱり、なんでもやってみるもんやなぁ。
 これまで気づかなかったこといっぱいきづけたし、ほかの報告者のおはなしうかがい刺激もいただけた。
 ありがたいことだった。

 途中退席。三条京阪へ。
 朝日新聞のH記者からの依頼で「京都駅〇番ホームは御土居」伝説の取材をうける。
 あのころの情熱をおもいだす。もうあんな頑張り、だせへんなあと思いかえす。

 終了後、スナック「R」へ。
 友人K田K美子氏、ぐうぜんこられる。
 びっくりした。

 しばらくすると上七軒メンバーの飲み会のお誘いがある。
 宮川町で。
 途中から参加。

 そのあとまた「R」へもどって、「一生許さない輩」のはなしをする。

|

« 府立総合資料館で原本を確認 | トップページ | 【告知】花街文化シンポジウム »