« 焼き鳥屋のウソ | トップページ | 朝から晩まで出ているもんなぁ »

2007.07.10

最終回も「寺田屋」になった

 京都民報社に原稿を送った。
 「京都の江戸時代をあるく」、最終回まであと2回。

 寺田屋を今回でおえて、最終回は別のはなしでしめようと思っていた。
 が、予期せず、終わらなかった。

 最終回も寺田屋だ。
 どうかと思う。

 その後も新発見はあいついでいる。
 最高協力者Mさんからは先日、飲みながらこんこんと書籍化(未定)するにあたっての注意をうけた。

「寺田屋」項は大きく修正・加筆せねばならぬ。

 いずれにせよ今回のまとめは、今後寺田屋を知ろうとする人には無視できないものになるだろう、と自負している。
 そんな仕事ができたことを心から喜んでいる。

 あいかわらずだが。
 できることなら、中学生の僕のところへもどって、今回の報告をしてやりたい。

|

« 焼き鳥屋のウソ | トップページ | 朝から晩まで出ているもんなぁ »