« 発見!上七軒歌舞練場の創立年代 | トップページ | 河内将芳さんと富松城跡を活かすまちづくり委員会から高著を賜る »

2007.06.30

四葉のクローバーのタクシーをみた

6/29(金)はれ一時雨
Dcf_0574

 同志社大学に出講。江戸時代、御土居堀を論ずる。
 次回は明治維新期以後の変容について。
 「まだ御土居堀してんのか」と自分でも思うが(芸がないような)、受講者は拙著を読んでいないようで、「目からうろこ」らしい。まだ話すべき意義があるらしい。

 午後からくずし字入門に出講。
 前回から、幕末長州毛利家の京都留守居役、乃美織江の手記を読んでいる。 
 池田屋事件について記した基本史料ながら、ほとんど検討されたことがないもの。
 それを詳しく説明しながら、明治の自筆本を読んでもらっている。

 近代の記録なので文字のくずし方が特異で、とても難解。
 「入門」だったはずが、突然「応用」編になっている。
 それでもみなさん、ちゃんとついてきてくださる。
 ありがたい。
 3ヶ月辛抱してください。
 また「都の記」にもどりましょう。

 夕方、烏丸四条で、ヤサカタクシーの「四葉のクローバー」を屋根の突起に描いた車をはじめてみる(写真)。
 幸運感をお客に与えるため、4車両だけ用意されているときいている。
 乗ればよかった。

 そういえば今日はいいことがあったなぁ。

 夜、右京区で「三宅日記輪読会」。
 Sさん、Mさん、Kさん参加。
円満な会で、情報交換にあけくれる。
 あっというまの2時間。
 退屈する暇がない。

 Mさんから、上七軒歌舞練場創建にかかわる史料をいただく。
 僕がきづかなかった『日出新聞』の記事。
 1894年(明治27)以前から建設計画があったことがわかった。
 ありがたいなぁ。

 深夜、自宅で来週の「京都検定/日めくりドリル」の問題を2問つくり、担当Yさんに送る。
 
 未明、友人U原氏からメールあり。
 上七軒歌舞練場創建年代特定を喜んでくれる内容。
 最近お目にかかっていないが、結婚されて以前より多忙になられた由。
 よくわかるので、つっこみはしない。

 が、結婚って人の足かせにしかならないものかと、思うことは甚大。

|

« 発見!上七軒歌舞練場の創立年代 | トップページ | 河内将芳さんと富松城跡を活かすまちづくり委員会から高著を賜る »