« 高知城跡、国史蹟未指定地があぶない | トップページ | 平安京以上に寺田屋を論ずる »

2007.05.20

寺田屋でおもしろいものをみつけた

5/19(土)はれ一事あめ
 昨日18(金)、同志社大学とくずし字入門に出講。
 そのあと伏見区へ。
 寺田屋と法務省伏見出張所にいく。
 つかれる。

 本日はすこし遅く動き出したので、疲労感なし。
 
 また寺田屋に。
 毎日あきないことだ。

 いくたびに何か発見がある。
 さすがにもうない、と思ってた。

 が、あった。
 またあった。
 同行の友人がある説明文を読んでいて「意味、不明」を主張してきづいた。
 こんなものがあったのか。

 各部屋に散在する「額」もふくめ、現在の寺田屋にはいっぱいいっぱい「復興寺田屋」の痕跡がある。
 「龍馬の寺田屋」でおおっているようにみえて、誰もきづかない「ものがたり」がねむっている。
 これはやみつきになるなぁ。

 建物はもとより、位置さえ幕末期とちがういまの寺田屋。
 でも、ちがう楽しみ方があると今日きづいた。
 また、いこう。

|

« 高知城跡、国史蹟未指定地があぶない | トップページ | 平安京以上に寺田屋を論ずる »