« 講談社現代新書刊行になやむ | トップページ | 土塁跡・道標論・原稿執筆・オアシス »

2007.05.14

幕末志士の子孫Aさんと懇親する

5/12(土)はれ
 午後2時半、真如堂の塔頭吉祥院(左京区)へ。
 「ミヤコを囲う―御土居堀ものがたり」というタイトルの講演。

 カッパ研究会でお目にかかった副住職さんからのご依頼です。

 20余名の受講者だった。
 既知の方がお1人こられていた。
 昨日京都新聞の催し物欄に載ったらしい。
 これは気づかなかった。

 1番前の年配の女性が後半寝てはったのが気になったが、全体としてはときどきは笑いもあって、まあまあかなぁと思う。

 終了後、本堂に参拝。
 三重塔も拝む。

 午後6時半、京都駅前で関東から来られたAさんとお目にかかる。
 ある宮家に仕えた幕末志士の御子孫。
 僕が執着をしている古高俊太郎とも交流があった。
 その関係で知り合った。

 お若い方で歴史学のプロではないのだが、たいへん勉強しておられる。
 教えていただくこと大。
 
 今回も伝来の未知の史料を多く拝見した。
 教えていただいたことは、秋に刊行予定の『池田屋事件』でぜひ紹介させていただきたいと思っている。
 
 なかなか宮や堂上の家臣がいかなる政治活動をしていたか、わかっていない。
 その事例研究として意義深い深いと思っている。

|

« 講談社現代新書刊行になやむ | トップページ | 土塁跡・道標論・原稿執筆・オアシス »