« 長岡宮跡をあるく | トップページ | 鳥羽伏見古戦場をエコロジーする »

2007.03.21

「休日」のくらしぶり

3/20(火)はれ
 ひさしぶりに休日。

 といっても出講がないというだけ。
 前日が締め切りだった「京都の江戸時代をあるく」(37話)をつくる。
 
 また先日終わった、国交省の洛楽歩考会(10回)の冊子への寄稿文の締め切りも本日まで。
 すべてやりとげて、各担当にメール送信する。

 あ、ひとつ忘れてた。
 『龍馬研究』の連載「龍馬10景」(1話)。
 最終締めきりはまだだが、最初のしめきりはすぎている。
 取り組む。が、完成にいたらず。

 4月からあらたに出講する大学への提出書類も締め切りがすぎていた。
 直接持参する。
 
 夜は明日行われる「京(みやこ)エコロジーセンター」の見学会の準備。
 パワーポイントでストーリーをつくる。

 わずか30分の講演にえらい時間をかけている。
 そんな自分がおろかしいといったら、ある人が、それほど時間をかけてくれるから聴講者はうれしい、手をぬいて講演されてはこまるといわれ、なるほどとも思う。限度はあると思いますが、そうですね。

 これが僕の休日。
 つまりは休日でもなんでもなかった。

|

« 長岡宮跡をあるく | トップページ | 鳥羽伏見古戦場をエコロジーする »