« 門跡寺院、関東にたったひとつあり | トップページ | 戦国の那古屋城の薬研堀をみた »

2007.03.03

阿弥陀如来さんのお話をする

3/2(金)はれ

 午前中、「基礎からまなぶ!日本歴史」に出講。
 最近新聞を告知していないのに、たくさんの人がこられる。

 口コミもけっこうあるらしい。
 うれしい悲鳴である。

 本日は奥州藤原氏、浄土教(末法思想の到来)のお話をする。
 中尊寺、柳ノ御所遺跡、空也、源信、法成寺、平等院、日野法界寺、浄瑠璃寺などが登場。

 午後は、『第3回京都検定、問題と解説』の初校をする。
 本日締め切りだったとあとで知る。
 しまった。明日持参しよう。

 4月下旬、刊行予定です。
 お楽しみに。

 そのあと「日めくりドリル」の問題づくりに立ち向かう。
 数回前より難字にルビが打たれるようになった。
 読者からの要望ときいた。
 先日担当のY氏とはなしあい、少し出題方針も変わった。
 どうなることやら。
 今後もご愛顧ください。

 夜、とてもひさしぶりにテレビをみた。

 たまたましていた「探偵!ナイトスクープ」。
 KBS京都ラジオ局で、「35年目の出会い」実現のシーン。
 えらく感激する。
 たまには見てみるもんだなあ。
 
 本日の京都新聞夕刊に、とてもひさしぶりに拙著『御土居堀ものがたり』の広告が載っていた。
 もう在庫がないと聞いていたのだが。
 さっそく問い合わせてみると、あと少し残っているらしい(大口の注文、1回ぶんぐらい)。

 先日、東京の方が、手に入れたいが版元にないと本屋にいわれたといっていた。
 だからこれは誤解です。
 が、初版本もうすぐ売り切れます。
 ご購入はお早めに。
 

|

« 門跡寺院、関東にたったひとつあり | トップページ | 戦国の那古屋城の薬研堀をみた »