« 角田文衛氏『紫式部伝』を入手 | トップページ | 阿弥陀如来さんのお話をする »

2007.03.02

門跡寺院、関東にたったひとつあり

3/1(木)はれ
 午前中、「くずし字入門」に出講。

 2週間ぶりです。
 やはり1週あくとカンがにぶります。
 受講の方もきっとそうだったのではないかと思います。

 「都の記」(京都府立総合資料館蔵)の「門跡」の部分を継続して読んでおります。
 今回は青蓮院、聖護院などの部分。

 江戸時代の門跡のうち、たったひとつ関東の寺があります。
 それは何でしょう。

 こたえ。

 輪王寺。
 日光東照宮の神宮寺です。
 ご承知のとおり、日光東照宮は家康・家光の墓所です。
 だから特別な扱いをうけているのですね、なんておはなしをする。
 
 午後から東京・町田からお越しの、朝日の旅行会の方々を東寺・西本願寺にご案内する。
 2回目です。
 今回もバス二台の大人数。
 みなさん反応がよい。
 本日も聞き上手のみなさんに支えてもらいました。

 とてもよい天気。 
 絶好の観光びよりでした。

|

« 角田文衛氏『紫式部伝』を入手 | トップページ | 阿弥陀如来さんのお話をする »