« 禁門の変を報じた農民、若山要助 | トップページ | 福田千鶴氏『淀殿―われ太閤の妻となりて』 »

2007.02.11

綿矢りささんサイン会にいく

2/10(土)はれ
 ブログランキング8位まであがっている。
 ありがとうございました。

Cid_a0001

 大垣書店、烏丸三条店で、綿矢りささんの新著『夢を与える』(河出書房新社)のサイン会がおこなわれた。
 芥川賞受賞後、最初の作品です。
 先着150名限定の由。
 
 先日、同店の前を通りかかったとき、その告知に気づいてさっそく予約しました。

 ご本人の初サイン会の由。
 今回の各所で行われるが、当店がその最初。
 そんな機会にめぐまれ光栄なこと。

 予約の段階で整理券5番でした。
 
 当日行ってみるとすでに売り切れ状態。
 さすがですね。

 で、僕は15番目でした。
 目の前でたしかに書いてくださいました。
 期待していなかった「為書(ためがき)」ありで、おどろく。

 撮影や握手はなく、なるほどアイドルタレントではないのだと感心する。

 それを抱えて、新幹線に乗り、名古屋へ。
 柳橋朝日 カルチャーセンターで京都学講座。

 さっそく綿矢さんの話。
 京都市出身の作家なのだから、いいですよね。 

|

« 禁門の変を報じた農民、若山要助 | トップページ | 福田千鶴氏『淀殿―われ太閤の妻となりて』 »