« 企画展「先人達の京都研究」をみる | トップページ | 菊池凛子さん、残念でした »

2007.02.26

第10回洛洛歩考会に出講する

2/25(日)はれ

070225

 久しぶりにかなりあいてしまった。
 他意はありません。忙しかったのです。健康も害しておりません。ご心配をおかけしました。

 本日、国土交通省京都事務所が主催する「洛洛歩考会」の10回目が行われた。
 京都の旧蹟をボランティアガイドの方が先導し、説明をうけるというもの。

 参加者約200名。
 応募は460名にのぼったという。
 かなり人気の会だ。
 半数以上が落選したらしい。

 僕はその会の冒頭で約40分、レクチャーを頼まれた。
 「京都の江戸時代と道」という内容。

 ただ午後からの現地見学コースが京都駅前から西本願寺・島原をへて、壬生にたっするという、いわば新選組旧蹟コースなので、はなしもそれにかたよらざるをえなかった。

 司会はKBS京都のアナウンサーの方。
 やっぱり司会がプロの方だと会がひきしまる感じをうける。

 以前、山科寺内町跡の一部が国史蹟指定されたとき、紀念イベントをした。
 その際もメンバーのU原さんの周旋で、ご友人のやはりKBS京都のアナウンサー出身の方に司会をお願いをした。そのときも感じたものだった。

 会場には関西テレビやKBS京都のテレビカメラがきていたので、おそらく夕方のニュースに流れたのだろうが、僕は午後からはお役御免で、京都市中京区の某所で古書の物色をしていたため見れなかった。

 見られた方はお知らせください。

|

« 企画展「先人達の京都研究」をみる | トップページ | 菊池凛子さん、残念でした »