« 『八木家と新選組』を恵贈頂く | トップページ | 大河「草燃える」以来の思いいれ »

2007.01.27

「龍馬とおりょう」づいている

1/26(金)はれ
 やけに生暖かい日。

 午後から「基礎からまなぶ日本歴史」。
 まだ延喜・天暦の治。
 延喜の荘園整理令、三善清行の意見封事を読む。

 三善清行は「一乗戻橋」のエピソードで知られる人ですが、学校の教科書にはまったくちがう顔で出てくることをご指摘。
 この勢いで、次回は「一乗戻橋」のエピソードの原典を読むのだろうか。人ごとのようだが。

 夕方は京都新聞文化センターで維新史講座。
 参加者7人。アットホームな人数だが、まだまだアットホームにはほど遠い。

 龍馬遭難事件についてお話する。
 それから、先日東京で墓参した、(比較的)新発見の龍馬の妻おりょうの実弟、楢崎太一郎の墓碑の写真をお見せした。

 最近「龍馬とおりょう」づいている。
 京都民報の連載も4回も連続で「龍馬とおりょう」の旧蹟発見の紹介をしている。

 しばらくすると龍馬研究会(高知市)の機関誌『龍馬研究』に龍馬の連載を開始するが、龍馬遭難か、おりょう伝の再検討をまとめてみたいと思っている。乞うご期待。

|

« 『八木家と新選組』を恵贈頂く | トップページ | 大河「草燃える」以来の思いいれ »